メッセージ

“Analog = Value”

私どものホームページにお越し頂きありがとうございます。当事務所は建築やインテリアを中心としたデザイン業務を得意とする一級建築士事務所です。事務所名のANALOGという言葉が持つ本当の意味は、「連続した変化する物理量」です。未来志向で連続的に成長し変化する存在でありたいと願い、事務所名をANALOGと名付けました。最新のコンピューテショナルデザインを用いながらクライアントに寄り添い、建築や空間に新たな価値を見出す設計を行って参ります。
 これまで手がけたプロジェクトは住宅、店舗、オフィス、賃貸マンション、クリニック等多岐に渡ります。またプロジェクトへの関わり方も、基本設計から現場監理まで取り組むフルサービス業務から、デザインディベロップメントまでを行うデザイン監修業務、コンサルティング業務など建築や空間のデザインまつわる広範な分野に及んでいます。
 設計手法においては、最新の3Dモデルによる設計ソフト(BIM)を導入し、設計の初期から3Dによるパース、ウォークスルーモデル、VRによる直感的かつわかりやすプレゼンテーションを行ないます。またそれらの3Dモデルの特性を生かし、TV会議システムを用いた打合せ及びプレゼンテ―ションを行っています。

代表者経歴

池田 暢一郎 / 代表取締役・一級建築士 
1971年 島根県隠岐の島生まれ。94年大阪芸術大学建築学科卒業。青島裕之建築設計室を経て、96年に米国人建築家シーザーペリの日本事務所に入所。官公庁施設からホテルまであらゆる種類のプロジェクトに携わる。2000年からは主に羽田空港第2ターミナルビル、2006年からは羽田国際線ターミナルの設計・監理に携わる。2010年に個人事業としての池田建築設計を設立し、ガリバー安積店、伊東屋銀座本店、青森空港などを手がける。2019年4月にANALOG株式会社に法人化し現在に至る。


[取材・掲載]

新建築2020年4月号 WOODY PARTS掲載(原稿執筆)
商店建築2018年4月号 WOODY PARTS掲載(原稿執筆)
KUKAN Vol13 銀座伊東屋横浜元町掲載(原稿執筆)
商店建築2015年10月号 銀座伊東屋本店掲載(原稿執筆)
日経アーキテクチュア2015年7月25日号 銀座伊東屋本店掲載(取材)
商店建築2014年8月号 ガリバー安積店掲載(原稿執筆)
Graphisoft社 ARCHICAD BIM事例レポート(インタビュー)
神奈川新聞 みなと&わたし(コラム)2016年12月


[登壇・講演]

オカムラデザインシンポジウム「反応から導き出すデザイン手法」(基調講演・鼎談)
店舗デザインにおけるBIM活用の実例 2017年6月(基調講演)
GRAPHISOFT 全国ロードショー 水戸・山形・前橋・仙台・沖縄・鹿児島・千葉(講師)
WISE FORUM 2017 ~にっぽんの木の出口~(講演)


[賞 歴]

第21回木材活用コンクール 木材活用賞受賞(WOODY PARTS)
アイカ施工例コンテスト2018 特別賞(銀座伊東屋元町店)

メンバー

■横山 晴之 執行役員
■池田 瑞絵 シニアアソシエイト
■萩原 初実 デザイナー

■伊藤 沙耶 デザイナー
■原口 悟 社外パートナー

会社概要

名       称      ANALOG株式会社
所 在 地      横浜市中区本町1-7 東ビル212
代 表 者  代表取締役 池田 暢一郎
資 本 金  100万円
設   立  2010年11月 池田建築設計(個人事業)
       2019年 4月 ANALOG株式会社
種       別    一級建築士事務所 神奈川県知事登録第17804号
管理建築士    池田  暢一郎   大臣登録282558号
加盟団体       神奈川建築士会
会計顧問       税理士法人あすなろ
加入保険       建築士賠償責任保証制度

理 念

 私達が生きている世界には様々なつながりがあります。 時間や空間の全て繋がりがあり、過去から未来へと連続し、永続していきます。 私達の社名であるAnalogという言葉が持つ本来の意味は「量またはデータを連続的に変化しうる物理量で表現すること」です現代の人々にとって豊かで快適な街や空間が50年100年後の人々にとってもそうであるような、普遍的で持続可能性のあるデザインすることが私達の使命であると考えます。

主な取引先

株式会社 伊東屋
株式会社IDOM(旧ガリバー)
久保田建設株式会社
サニーライブホールディングス株式会社
大成建設株式会社
株式会社丹青社
株式会社出先
株式会社ドンク
株式会社日本空港コンサルタンツ
ぴあ株式会社
株式会社三菱地所設計
株式会社メック・デザイン・インターナショナル