アナログに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。私たちは、お客様の事業・ビジネスの課題解決に貢献する建築デザイン事務所です。インテリアデザイン会社、一級建築士事務所 としてのアナログの強みや特徴、お客さまに貢献できるポイントをご紹介いたします。

■大型プロジェクトにおける豊富な実績と大手企業との協業実績

アナログは小規模の建築設計事務所ですが、メンバーの多くが大型施設の設計経験を有しています。こうした経験を活かし、私たちは大手企業や大型プロジェクトの豊富な実績を有しています。青森空港ぴあアリーナなどの大規模施設、そして銀座伊東屋本店の内装および伊東屋様の各支店のデザインなどを担当してきました。

青森空港

青森空港

FOODIES STAND

ぴあアリーナMM

銀座伊東屋3階

銀座伊東屋本店

さらに、大手デベロッパー、ゼネコン・組織設計事務所などとの協業実績も豊富で、お客さまや協業先の組織構造を理解し、合意形成に必要となる資料や適切なコミュケーションを通じて、関係者との信頼関係を築き、強度あるデザインを実現することを得意としています。

■デジタルを活用した、対話型の合意形成・デザインプロセス

私たちは、対話を通じて、お客さまの想いをデザインの力で形にすることを得意としています。創設者の池田が師事した建築家のシーザー・ペリは、「デザインオンレスポンス」をモットーとしており、私たちはペリの想いを継承し、クライアントとの対話を起点にした建築デザインを行ってきました。

打合せでは、ICT・デジタルを活用し、図面やパースだけでは完成形をイメージしにくい事業主様にも直観的に理解できる判断材料を用意いたします。

一例として、BIMと呼ばれる3D(3次元)のデザインツールを活用し、iPadやVR機器を使いながら、実際に空間内を探索するように3Dモデル内を移動し、細部に至るまで確認していただける環境を用意いたします。さらに、3Dモデルを元に什器の位置やバックヤードの動線など、開業後の運営・オペレーションのシミュレーションを通じ、お客さまが安心してご判断いただけるようサポートいたします。

360度ビューによる空間把握

BIMを利用したオフィスレイアウトシュミレーション

■デザインの力を用いて、お客さまの事業・店舗運営の成功に貢献

私たちは、デザインの力を用いてお客さまの課題解決に貢献し、経営者の目線を持つデザイン事務所です。

デザイナーとして優れたデザインを実現することは当然のことで、私たちはお客さまの大切な事業の成長に貢献するため、お客さまの事業や運営・オペレーションを深く理解したうえで、完成後の施設・店舗がどうあるべきかをご提案いたします。

アナログがデザインを担当したガリバーの安積店では、従来店舗とは異なるグレードの店舗のプロトタイプとしてデザインし、単位面積あたりの売上を大幅に向上することに貢献することができました。また、ITOYAの銀座店では店舗レイアウトの変更にも柔軟に対応できる什器のデザインを行い、お客さまの運営スタイルにあう店舗を実現しています。

単位面積当たりの売上向上の貢献した、ガリバー安積店

■建築とインテリアのプロが、複雑なプロジェクトも成功に導く

一般的に建築出身のデザイナーは、インテリア業界独特の什器設計へのアプローチ、ABC工事区分を理解した上での各種調整を不得手としているケースがあります。またその反対にインテリア出身のデザイナーは、建築法規や防災設備についての建築士資格を持っていないことが多く、建築法規や防災設備が関わる案件において建築設計士と協業せざるを得ないケースがあります。

私たちは、建築とインテリアのプロが在籍する、数少ないデザイン事務所です。建築・インテリアのプロがチームで参加することで、構造体・法規も含めた建築デザイン、空間・家具・什器まで細部まで配慮が必要なインテリアデザイン、そして建築とインテリアのオーバーラップ調整まで行い、デザインコンセプトに基づいた一体的な空間デザインを実現することができます。

例えば新築ビルにテナントとして入居する場合、デベロッパーやゼネコンとの調整、貸方基準の遵守などのハード調整から、ビル内動線を理解したうえでの店舗内のVIの作り方、フレキシブルなレイアウト変更を想定した什器のデザインなど、大きな枠組みから細部にいたるまで、きめ細やかなフォローが可能です。

店舗の運営・フレキシブルなレイアウト変更を可能にした什器デザイン

什器の工場検査立会の様子

■プロジェクトの特性にあわせ、お客さま・協業先に最適な立場でサポート

大型プロジェクト、複合ビルや大型商業施設への新築同時入居、経営・所有・運営に分かれるホテル事業など、近年のプロジェクトでは関係者が多く、さまざまなステークホルダーに配慮しながらプロジェクトを遂行する調整・マネジメント力も必要とされます。

私たちアナログは、プロジェクトの規模や特性にあわせ、お客さまにとって最適な形で参画することができます。事業主の立場から直接発注いただき、課題解決に貢献することもできますし、既にご発注済の大手ゼネコンや設計事務所からインテリアデザインの部分のみ担当するような、分離発注・協業の形でも参画することもできます。

これまでの大型のプロジェクトや豊富な分業・協業の経験を活かし、クライアントはもちろん、協業相手となるデベロッパー、ゼネコン、設計事務所の役割・立場・言語を理解し、プロジェクトを円滑に勧めるために自らの仕事を全うし、プロジェクト全体の成功にも貢献いたします。さらに、企画、デザイン、設計・監理、デザイン監修、コンサルティング、ブランディングなど、さまざまな形でお客様の課題解決に貢献することができます。