■BIMとは – Building Information Modeling

3次元モデルを用いた画期的な設計手法

BIMとはコンピューター上で建築物を3次元モデル化し、そこから完成予想図(パース)やウォークスルー動画等を作成し、最終的には図面化まで行う新しい設計プロセスです。建築物を3Dで組み立てるので、プロジェクトの初期段階において、建物のイメージを確認しながら設計を進めることが可能になります。また設計のみならず、施工や竣工後の維持管理(FM)に至る建築物のライフサイクル全般において活用可能な画期的なテクノロジーです。

ANALOGにおいては、2015年より取り入れ現在では設計業務をすべてBIMで行い、建築や内装業界で進むデジタライゼーションに積極的に取り組んでいます。

■BIMによる設計品質の向上

設計初期段階で課題を把握し解決

弊社ではプロジェクト開始時からBIMによるモデリングを行い、コンピューター上に立ち上がるバーチャルな建築物や空間をリアルタイムに把握しながら設計を進めています。そのため検討課題を設計初期に洗い出し解決することが可能となり、その後の設計過程においてはデザインやディティール、設計図書のクオリティーを上げる時間が増え、結果として完成した建物や空間のクオリティーを上げることにつながっていきます。

銀座伊東屋元町店のBIMモデル

■BIMから提供できるサービス

レンダリングパース

一つの3Dモデルから生み出す圧倒的なアウトプット

基本及び実施設計図書はもちろんのこと、レンダリングパース、ウォークスルーモデル、完成予想プロモーションムービー、家具詳細図、各種提案書など、1つの3Dモデルから建築プロジェクトにおいて必要とされる様々なアウトプットを作成することができます。またリアルタイムレンダリングソフトや動画編集ソフトを併用することで、より付加価値の高いアウトプットをつくりだしています。

平面詳細図
anlg-bim
ウォークスルーモデル
什器詳細図
プロモーション動画

■ポストコロナ時代にふさわしいBIM

クラウドサービスと連携し場所を選ばない設計環境を実現

弊社の採用するBIMソフト「Archicad」には、
一つの3Dモデルを複数のデザイナ−で作業できるチームワーク機能が実装されています。弊社ではクラウドサーバーにアップロードしたプロジェクトデータを、オフィスやシェアオフィス、自宅からアクセス可能とすることで、場所を選ばない設計環境を確立しました。コロナ及びポストコロナにおいても、コロナ以前と変わらないどころかそれ以上に効率的にプロジェクトを推進することが可能な環境を整えています。また画面上で3Dモデルを共有しながら打ち合わせするオンラインのプロジェクトミーティングを行い、打ち合わせに要する時間の短縮や、遠方のお客様とも必要なときに素早く打合わせることが可能です。

■弊社のBIM化への取り組み

建築業界のBIM化を推進する活動も行っています

弊社の積極的なBIM設計への取り組みは、BIMソフトウェア業界からも注目されており、特に内装設計分野ではBIMの先駆者として紹介され、各種講演などを行っています。BIMを利用するのみならず、BIMの普及にも貢献することで、建築業界のデジタライゼーションを推進する役割を担っています。

Graphisoft社のユーザー事例紹介

2017年6月に行ったセミナー
※現在は該当ページをご覧になれません。

Graphisoft社による講演会ユーザー講演会

■BIMによる設計実績

竣工物件名企画資料基本設計図書実施設計図書レンダリングパースウォークスルーモデル
(BIM-X)
プロモーション動画作成
2020年FOODIES STAND
2019年伊東屋熊本点
2019年青森空港
2018年ドンク & RF1 代々木店
2018年銀座伊東屋横浜元町
2018年久保田建設新社屋
2017年富山の2世帯住宅
2017年伊東屋京都店
2017年ウッディパーツ
2017年伊東屋成田空港第2ターミナル店
2016年伊東屋横浜店
2016年銀座伊東屋3階改修
2016年銀座伊東屋別館 K.Itoya改修